棒術応用編
心身開発(2)
開脚前進(大)・カミカゼアタック


棒の基本技の習得
孫悟空 錬り合い組手に使用する棒を用い、その取扱い方法や基本的な技を習得します。(動画参照)

○効果
稽古を重ねると より杖又は棒が心身の統一し、精神の集中力が強化される技を学ぶことが出来るようになります。

大上段打ち下ろし・上段打ち込み


大志の型又は火の型及び基本組棒の習得
戦場での戦いから生まれた。窮地からの脱出時に生まれた技の型を凝縮した技の結晶。(動画参照)

○効果
心身をより柔軟にし、精神の集中力が増すと共に組杖・組棒を通して人間関係を緊密且つ協調強化させる技を学ぶ事が出来る。

大志の型・火の型


基本組棒
大上段打ち下ろしVS一文字受け・上段打ち込みVS上段打ち込み


応用組棒
四本組棒・真常(小)
その他の上級の型
水の型・白樽の棍


審査会制度について
新体道TMBHグループにおいてはグループ会員が『ストレス解放のための棒術』基本体技終了し、棒術を学び続ける人の為に審査会制度を基本的に6か月に1度(3月と9月に予定。)設定します。審査に合格した方にはNPO新体道協会の昇級認定を受ける事が出来ます。
稽古の新たなる目標として審査会制度をご活用下さい。〜グループ内にて棒術5級まで認定が受けられます。